講演会セミナー講演依頼講師派遣・紹介、企画運営は実績37年のブレーンにお任せください

  1. ホーム
  2. 小冊子
  3. 経理の“意識”カイカク=経営カイゼン。 今日から進む道はコレ!(Q&A方式)

ブレーンオリジナル小冊子

ブレーンオリジナル小冊子のご案内

経理の“意識”カイカク=経営カイゼン。 今日から進む道はコレ!(Q&A方式)

カテゴリー 新刊
著者 経理環境改善コンサルタント ビジネス系作家 田村 夕美子
品番 B184
仕様 A5版

内容

 経理=事務係りと捉えていませんか?もしも、御社の経理部隊が経費精算や集計業務を淡々とこなし、正しい実績、税務処理をするための存在であるとしたら、人的資産をムダにしていると言っても過言ではありません。
 なぜなら、彼ら彼女らは納品書、請求書あるいは、見積書、売上伝票等々、社員らの経営活動が表われているデータを日々扱い、そして経営者よりも先に、月次の収益・利益をチェックできる立場にいるのです。
 そのような立場にいる経理部員らの意識を経営カイゼンの視点で更に変革させれば、コスト削減や収益拡大などに繋がるはずです。
『でも、それは経理の上層部クラスが目指すことですよね?』こんな質問も聞こえてきそうですが、いいえ、経理の一担当者ダ・カ・ラ出来るのです。
 まずは、御社の経理担当者らに本書をプレゼントしてください。数ヵ月後は、経理担当者らの行動が影響し、利益好転もあり得るかもしれません。

目次

・第一章 経理担当者の“意識”をカイカクするため環境づくり
  :Q1.「小口の経費精算担当です。“意識カイカク”など、どうすれば?」
  :Q2.「経理としての大切な心構えを教えてください」
  :Q3.「経理ですが、“雑用”ばかり頼まれて困ります。対処方法は?」
  :Q4.「入力ミス、金額ミスが心配です。どうすれば?」
  :Q5.「月末、決算期は、残業が当たり前。正直キツイのですが・・・」
・第二章 経理の定型業務も、あなたの“気づき→提案”で経営カイゼンが実現!
  :Q1.「伝票入力担当です。私でも経営カイゼンが出来ますか?」  
  :Q2.「カイゼン策を提案できる、データの整理方法を教えてください」。
  :Q3.「経理が仕掛ける“コストカット”方法を教えてください。」
  :Q4.「月次の試算表が出来たら、上司に提出するのみなのですが・・・」
・第三章 経営カイゼンのためのアプローチ
  :Q1.「上司への提案。プレゼンなど経験ないですし、自信がありません」   
  :Q2.「関連部署と、上手くコミュニケーションを取るには、どうしたら良い?」
  :Q3.「経理のみでの経営カイゼンなど限界があるのでは?」
  :Q4.「金融機関等外部との折衝のコツは?」
お問い合わせ
Scroll Up