講演会、セミナーの講演依頼、講師の派遣・紹介、企画運営は、ブレーンにてお気軽にご相談下さい。

  • 株式会社ブレーンTOP  >  
  • 講師データベース  >  
  • 一般経営  >  
  • 佐藤 仁一
講師陣データベース
佐藤 仁一

佐藤 仁一(サトウ ジンイチ)

「あ・ら・伊達な道の駅」代表取締役

[カテゴリ]:一般経営

講演タイトル

住民参画型の公共施設づくり事例と展望

『道の駅とまちづくり「8対7」のドラマづくり!』

農商工連携とまちづくり「8対7」のドラマ!

まちづくりは「8対7」のドラマづくり チラシ

 

プロフィール

昭和26年4月22日生まれ
平成2年4月、岩出山町長に就任。現存する日本最古の学問所「有備館」を基軸に「学問のまちづくり」を進め、「学問の道」整備や「学問サミット」を開催。これにより、平成4年度「みやぎ地域づくり大賞」を受賞。
少子化対策・子育て支援として、であいサポートセンターの開設や第3子以上の誕生に子育て教育支援金を義務教育期間給付する制度、幼・保一元化に向けた保育施設への看護師の配置は全国的に注目される。日本発となる系列強化教室型の中学校運営では内外に開かれた校舎の建設を行い、平成10年度「毎日新聞芸術賞」(建築部門)を受賞。
 さらに、幼児期から高齢期までの生涯各期における「保険・医療・福祉」の連携を推進するため、感性福祉と生涯学習を融合させた「感覚ミュージアム」を中心に、個別施設群が一体となった「あったか村」作りを展開。岩出山中学校に続き、感覚ミュージアムが平成13年度「毎日芸術賞」(建設部門)を受賞。運営はNPO法人に委託。
 住民協働のまちづくりを根幹として、学校五日制や農協組合の広域化に対応した「地域づくりの創出」と、中心商店街再生と街路整備事業等で平成16年度国交大臣表彰をはじめ、各賞受賞。全国に先駆けて男女平等推進条例を制定するなど、「夢ある住民主役のまちづくり」を宮城の癒し空間「伊達な小京都・いわでやま」として、「伊達からDATEへ」と創造する個性豊かなまちづくりを展開。
 平成17年2月には日本BPW連合会より、男女共同参画推進に多大な貢献をしている行政関係者に送られる「パートナーシップエヴァリュエーション」を受賞。
 平成19年1月に第56回「河北文化賞」を受賞、同年8月には第12回「ちいき経済賞」を受賞。

講演の依頼・ご相談はこちら