講演会セミナー講演依頼講師派遣・紹介、企画運営は実績39年のブレーンにお任せください

  1. ホーム

ブレーン講師紹介

ブレーンが自信を持ってご案内する講師陣です

村田 兆治 (むらた ちょうじ)

野球評論家

村田 兆治

主な講演タイトル

  • 人生先発完投

講師プロフィール

1949年、広島県生まれ。福山電波工業高校(現・近畿大学付属福山高等学校)から、東京オリオンズ (現・千葉ロッテマリーンズ)に入団、大きく振りかぶって真っ向から勝負する独特の「マサカリ投法」を生み出す。ケガから復活し40才まで投げ続けた投手は他に類を見ない。1992年、生月島を皮切りに『豪腕・村田兆治、島を行く』として、全国の有人離島をまわり野球教室などを通して離島の人々とふれあい、島おこしにも一役かっている。今後、ライフワークとして勝ち数と同じ「215」以上の島を回るのを目標としている。合わせて『マサカリ基金』を設立し、離島の人達の野球を支援したいと計画している。2008年7月、かねてから目標としていた全国離島少年野球大会を開催。大会提唱者および名誉会長を務める。

1967年 ドラフト1位で東京オリオンズ(現ロッテ)に入団。
1969年 先発、完投、完封、安打、打点、得点と異例の初づくし勝利をあげた。
1971年 プロ入り4年目にまさかり投法を完成し初めて2桁勝利。
1976年 21勝をあげ最優秀防御率投手、奪三振王を獲得。
1982年 肘痛で検査したが結果は手術以外に治療方法がないと診断される。
1983年 渡米して日本人選手として初めての手術を受ける。
1985年 シーズン初登板以来3週連続日曜日に完投勝ちし「サンデー兆治」の異名をとるなど話題をふりまきながら開幕から11連勝し不死鳥のごとく蘇り17勝5敗でカムバック賞を受賞。
1987年 無死球完封試合達成、2000奪三振(史上13人目)と記録を重ね、ケガから復活
1995年 この年より3年間、福岡ダイエー・ホークス、投手コーチを務める。
2001年 プロ野球マスターズリーグ(プロ野球OBリーグ)では、東京ドリームスに所属。マサカリ投法で無失点、最速138キロの好投を見せる。その後、140キロのスピードボールも記録。
2005年 野球殿堂入り。

現在は野球評論家として活躍をすると共に、プロ野球OB13人により長崎県対馬市に設立された対馬まさかりドリームスの監督兼投手。

著書・書籍情報


  • 『人生に、引退なし―65歳で140キロのストレートに挑む「肉体」と「心」の整え方』(プレジデント社)2015
  • 『還暦力 60歳でストレート140キロを投げる秘密』(朝日新聞出版)2009
  • 『まだ、現役には負けられない!―自分の人生、自分がエース!先発完投で生き抜いて』(プレジデント社)2004
  • 『速球の流儀―中年よ、不安に打ち勝つ体を鍛えろ!』(ワニマガジン社)2002
  • 『哀愁のストレート―もっと速い球を!』(青春出版社)2001
  • 『剛球直言』(小学館)1991
  • 『兆治さん、わたしの直球受けとめて。―エースを支えた妻のホンネとラブコール(共著)』(日本文芸社)1991
  • 『村田兆治の直球人生―マサカリ投法 私のグラウンド、私の人生』(日刊スポーツ出版社)1991
Scroll Up