講演会セミナー講演依頼講師派遣・紹介、企画運営は実績39年のブレーンにお任せください

  1. ホーム
  2. 小冊子
  3. 「必ず成功する」事業承継14の法則

ブレーンオリジナル小冊子

ブレーンオリジナル小冊子のご案内

「必ず成功する」事業承継14の法則

カテゴリー 既刊
著者 株式会社 国際後継者フォーラム 代表取締役 二条 彪
品番 B116
仕様 A5版

内容

 事業承継は、古くて新しいテーマです。
全国でたくさんの社長や後継者の方々にお会いしていると、その悩みや課題は共通しています。
そして、それらは父が亡くなり23歳でいきなり社長となった私の24年前とも、まったく変わっていません。

 事業承継というと、株式をどう渡すか? 会社の資産をどう移すか? 個人資産をいかに目減りさせないで子供達に渡すか? という「相続」の視点から語られがちです。
「相続」の視点は、事業を継がせる先代社長の視点に他なりません。しかし、事業承継は、この先代の視点で考えると失敗します。
事業を継がせる先代社長に求められることは、これから厳しい時代を担っていく後継者の視点で考えていくことです。

 数々の事業承継の現場に接しつくづく感じることは、家族や親族の対話なくして円滑な事業承継はありえないということです。特に親子の確執を乗り越えなければ、事業承継は不可能と言えるでしょう。
逆に考えれば、家族・親族の融和が図れれば、事業承継は何も問題がなくスムーズに進むとも言えるのです。
経営は人と人との営みです。事業承継もまさに人間関係を抜きに語ることはできません。

 本書では、16年間にわたる私の二代目社長としての体験と数多くの相談実績から、事業承継に求められる本質的な考え方や心構えについて触れてまいりたいと思います。
本書が、読者の円滑な事業承継の一助となれば、この上ない喜びです。

目次

【法則1】成功する事業承継に求められることとは?
【法則2】後継者の悩みベスト3
【法則3】事業承継の失敗パターンとは?
【法則4】後継者選びのポイント
【法則5】後継者を悩ませないためにやっておくこと
【法則6】伝えておきたい社長の帝王学
【法則7】事業承継計画の作り方①
【法則8】事業承継計画の作り方②
【法則9】子不孝をしない
【法則10】引き際の美学
【法則11】後継経営の本質とは?
【法則12】後継者が注意すべきこと
【法則13】コミュニケーションの要諦
【法則14】今こそ本音の話し合いを!
お問い合わせ
Scroll Up