講演会セミナー講演依頼講師派遣・紹介、企画運営は実績37年のブレーンにお任せください

  1. ホーム
  2. スポーツ・文化・歴史

ブレーン講師

「スポーツ・文化・歴史」に関する講師一覧

70件中 1〜20件目を表示

為末 大 (ためすえ だい)

Deportare Partners 代表

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
1978年広島県生まれ。 スプリント種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2019年1月現在)。 現在は、Sports×Technologyに関するプロジェクトを行う株式会社Deportare Partnersの代表を務める。新豊洲Brilliaランニングスタジアム館長。主な著作に『走る哲学』、『諦める力』など
詳細を見る

三神 万里子 (みかみ まりこ)

ジャーナリスト

  • 経営
  • 経営戦略
  • IT・テクノロジー
  • 政治・経済
  • 国際情勢
  • 地域経済
  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
長野県立長野高等学校出身。慶応義塾大学環境情報学部卒。公認会計士二次択一合格、日商簿記一級取得後、米国大手会計事務所に内定を得るが大学卒業当初より独立開業。ジャーナリスト職と並行してNHK、民放にて経済番組メインキャスター、NHK国際放送解説者を務め、国立情報学研究所プロジェクト研究員、信州大学経営大学院客員准教授を経る。地方創生がまだ注目されていなかった12年以上前から米国メディアに日本の地方都市先進事例を発信しており、以後、NHKの .....
詳細を見る

笹谷 秀光 (ささや ひでみつ)

株式会社伊藤園 顧問

  • 経営
  • 経営戦略
  • 経営哲学
  • 研修・人材育成
  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
東大法卒。1977年農林省(現農林水産)入省。フランス留学、外務省出向(在米国日本大使館一等書記官)。環境省大臣官房審議官、農林水産省大臣官房審議官、関東森林管理局長を経て、2008年退官。同年伊藤園入社、2010年-2014年取締役。2014年-2018年4月まで常務執行役員CSR推進部長。2018年5月より伊藤園顧問。(現在の兼職)シダックス株式会社・ウェルネスライフサイエンス研究所・ファシリテーター(2015年より) 日本経営倫 .....
詳細を見る

白井 一幸 (しらい かずゆき)

プロ野球解説者

  • 研修・人材育成
  • コーチング
  • モチベーション
  • 組織活性化・チームビルディング
  • コミュニケーション
  • 管理職・リーダーシップ
  • 意識改革・社内活性化
  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
1961年 香川県さぬき市生まれ。駒澤大学卒業。 1983年 ドラフト1位で日本ハムF’s入団。 1991年 自身最高の打率。.311でリーグ3位、最高出塁率とカムバック賞を受賞。日本ハムF’sの球団職員となり、ニューヨーク・ヤンキースへコーチ留学。 1997年 この頃、トレイ・ヒルマンと知り合う。2軍総合コーチ、2001年二軍監督を経て、2003年からヘッドコーチ就任。 2000年 在任中は .....
詳細を見る

平野 早矢香 (ひらの さやか)

ロンドンオリンピック卓球女子団体 銀メダリスト ミキハウス スポーツアドバイザー

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
栃木県出身。幼稚園の時に両親の影響で卓球を始め、仙台育英学園秀光中学校・仙台育英学園高等学校に進学。高校卒業後にミキハウスに入社し、その才能が一気に開花する。 入社1年目で全日本選手権を初制覇。さらに2006年度から全日本選手権3連覇を達成し、通算5度の優勝を誇る。また2008年北京オリンピックに出場し、団体戦では惜しくも銅メダル獲得を逃す。しかし、2012年ロンドンオリンピックでは、団体戦にて日本卓球史上初の銀メダルを獲得する。世界 .....
詳細を見る

佐川 旭 (さがわ あきら)

株式会社佐川旭建築研究所 代表取締役 一級建築士

  • 経営
  • 健康・ライフスタイル
  • ライフスタイル
  • 環境・社会問題・医療・福祉
  • 教育・青少年教育
  • スポーツ・文化・歴史
  • 日本文化・伝統
用と美を兼ね備えた作品を得意としている。時を超える力を備えたデザインを基本に据え、「つたえる」「つなぐ」をテーマとして個人住宅、公共建築、街づくりなどの設計を手掛けている。2010年岩手県星山小学校で「うるおいのある教育施設賞」を受賞。近年はラオスを中心として、これまで約80校の学校をつくり、日本の小学校との交流も行っている。 建築家としての視点をもちながら、幅広い活動を行っており、講演の他、雑誌等の執筆活動をする傍ら、テレビにも出演 .....
詳細を見る

河西 秀哉 (かわにし ひでや)

歴史学者 名古屋大学大学院人文学研究科准教授

  • スポーツ・文化・歴史
  • 日本文化・伝統
1977年、名古屋市生まれ。 名古屋大学文学部、同大学院文学研究科博士課程後期修了。博士(歴史学)。 京都大学大学文書館助教、神戸女学院大学文学部准教授などを経て、現在名古屋大学大学院人文学研究科准教授。 専門は日本近現代史、特に象徴天皇制の歴史について。 主な著書に、『近代天皇制から象徴天皇制へ』(吉田書店、2018年)、『天皇制と民主主義の昭和史』(人文書院、2018年)、など。 受賞歴:朝日新聞大阪本 .....
詳細を見る

増岡 弘 (ますおか ひろし)

声優

  • 環境・社会問題・医療・福祉
  • スポーツ・文化・歴史
  • 日本文化・伝統
  • 音楽・演芸・演劇
「サザエさん」のマスオさん役でお馴染みの人気声優。文化学院美術科卒業。舞台美術関係の仕事から役者に転向し、アニメや洋画の吹き替えなど声優として活躍している。東京アニメーター学院講師を務め、劇団東京ルネッサンスを主宰。ナチュラリストとしてのTV出演も多い。
詳細を見る

高嶋 幸太 (たかしま こうた)

日本語教師

  • 研修・人材育成
  • コミュニケーション
  • スポーツ・文化・歴史
  • 国際化・グローバル
埼玉県出身。 東京学芸大学で日本語教育を専攻。 英国グリニッジ大学大学院言語教育学専攻修士課程修了。 海外ではモンゴルやイギリスで日本語を教える。 現在、立教大学兼任講師、早稲田大学非常勤インストラクターとして、外国からの留学生やビジネスパーソンの日本語教育に従事している。
詳細を見る

東明 有美 (とうめい ゆみ)

サッカー元日本女子代表 首都大学東京客員准教授 チームビルディングコンサルタント 博士(スポーツ健康科学)

  • 研修・人材育成
  • コミュニケーション
  • 意識改革・社内活性化
  • 健康・ライフスタイル
  • 進路・キャリア
  • スポーツ・文化・歴史
1972年6月1日生まれ、岐阜県出身。 兄の影響でサッカーをはじめ、16歳で日本女子サッカーリーグ「プリマハムFCくノー(現 伊賀FC))入団。ポジションはDF、チームでは永きに渡りキャプテンを務めた。その後、21歳で日本女子代表に初選出。元なでしこジャパンキャプテンの澤穂希さんらと共にアトランタ五輪、2度のワールドカップなど国際大会に多数出場。 2000年引退後、スポーツを別の視点で捉えたいと(株)電通に入社。マネージメン .....
詳細を見る

野口 健 (のぐち けん)

アルピニスト

  • 環境・社会問題・医療・福祉
  • 環境問題
  • 教育・青少年教育
  • スポーツ・文化・歴史
  • 国際化・グローバル
アルピニスト。1973年8月21日、アメリカ・ボストン生まれ。高校時代に故・植村直己氏の著書『青春を山に賭けて』に感銘を受け、登山を始める。1999年、エベレストの登頂に成功し、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立。 また2007年5月にはエベレストを中国側(名称:チョモランマ)から登頂に成功。ネパール側ならびに中国側から登頂に成功したのは日本人では8人目である。 2000年からはエベレストや富士山での清掃活動を開始。以後、全 .....
詳細を見る

舞の海 秀平 (まいのうみ しゅうへい)

スポーツキャスター

  • スポーツ・文化・歴史
  • 日本文化・伝統
  • その他スポーツ・文化・教養
本大学 経済学部卒業後、大学卒業後は山形県の高校教師に内定していたが、夢であった相撲取りへの道をかなえるため、1990年5月、大相撲 出羽海部屋に入門。基準の身長に足りなかったが、頭にシリコンを入れ、プロ入りを果たす。 同月、初土俵(幕下付出し)を踏む。1991年3月、十両(四股名:舞の海)に昇進し、同年9月幕内入りを果たす。角界最小の身体ながら、「猫だまし」、「八艘飛び」などファンを驚かせる数々の技をくりだし、技のデパートの異名 .....
詳細を見る

森田 正光 (もりた まさみつ)

気象予報士

  • 環境・社会問題・医療・福祉
  • 環境問題
  • スポーツ・文化・歴史
1950年名古屋市生まれ。財団法人日本気象協会を経て、1992年初のフリーお天気キャスターとなる。同年、民間の気象会社 株式会社ウェザーマップ、2002年には気象予報士受験スクール 株式会社クリアを設立。親しみやすいキャラクターと個性的な気象解説で人気を集め、テレビやラジオ出演のほか全国で講演活動も行っている。 2005年財団法人日本生態系協会理事に就任し、2010年からは環境省が結成した生物多様性に関する広報組織「地球いきもの応援団 .....
詳細を見る

ダニエル カール (だにえる かーる)

タレント 山形弁研究家

  • スポーツ・文化・歴史
  • 国際化・グローバル
愉快な山形弁でテレビ・映画出演と大活躍する異色の外国人タレント。旺盛な好奇心とバイタリティあふれる行動力、ユーモア豊かなサービス精神、3年間の山形での生活で鍛えた山形弁を武器に、司会・コメンテーターなど幅広く活躍。仕事の傍ら3人の息子の子育てにも積極的に参加している。
詳細を見る

柳澤 寿男 (やなぎざわ としお)

バルカン室内管弦楽団音楽監督 コソボフィルハーモニー交響楽団首席指揮者

  • スポーツ・文化・歴史
  • 国際化・グローバル
  • 音楽・演芸・演劇
1971年長野県生まれ。 パリ・エコール・ノルマル音楽院オーケストラ指揮科に学ぶ。 2007年3月、99年のNATO軍の空爆以降、コソボ自治州において、コソボフィルハーモニー交響楽団に客演。現在、バルカン室内管弦楽団音楽監督、コソボフィルハーモニー交響楽団首席指揮者。
詳細を見る

宇津木 妙子 (うつぎ たえこ)

元女子ソフトボール日本代表監督

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
1953年(S28年)生。埼玉県出身 中学1年からソフトボールを始める。星野女子高校卒業後は、ユニチカ垂井で活躍。 ’85年からは日立高崎(現・日立&ルネサス高崎)の監督となり、日本リーグなど国内大会で、 優勝多数。 ’97年より日本代表監督に就任。 オリンピックではシドニー大会で銀メダル、アテネ大会で銅メダル。世界選手権は’98年銅メダル、 2002年銀メダル。02年アジア大会金メダル。 代表監督として臨んだすべての大会 .....
詳細を見る

アグネス チャン (あぐねす ちゃん)

歌手 エッセイスト 教育学博士(Doctor of Philosophy)

  • 健康・ライフスタイル
  • 健康・美容・食
  • 進路・キャリア
  • 環境・社会問題・医療・福祉
  • 命・心・人生
  • 人権・平和
  • 環境問題
  • 教育・青少年教育
  • 男女共同参画
  • スポーツ・文化・歴史
  • 国際化・グローバル
香港生まれ。1972年「ひなげしの花」で日本デビュー。一躍、アグネス・ブームを起こす。上智大学国際学部を経て、カナダのトロント大学(社会児童心理学)を卒業。‘84年国際青年年記念平和論文で特別賞を受賞。‘85年北京首都体育館チャリティーコンサートの後、エチオピアの飢餓地帯を取材、その後、芸能活動のみでなく、ボランティア活動、文化活動にも積極的に参加する。‘89年、米国スタンフォード大学教育学部博士課程に留学。‘94年教育学博士号(Ph. .....
詳細を見る

小谷 実可子 (こたに みかこ)

スポーツコメンテーター

  • 環境・社会問題・医療・福祉
  • 環境問題
  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
1966年(S41年)8月生、東京都出身 小学4年生からシンクロナイズド・スイミングの年齢別大会で優勝。高校1年でアメリカへ留学。 ’88年ソウルオリンピックでは、ソロ及びデュエットで銅メダルを獲得。また、夏のオリンピックでは 初の日本選手団の旗手をつとめる。 ’92年に引退後は、日本オリンピック委員会を務めるなど、スポーツの発展に貢献。 また’93年より神奈川県大磯でアーティスティックシンクロの指導などを行う。 現役生 .....
詳細を見る

木村 悠 (きむら ゆう)

第35代 WBC 世界ライトフライ級チャンピオン 第37代日本ライトフライ級チャンピオン 商社マンボクサー

  • 健康・ライフスタイル
  • ライフスタイル
  • スポーツ・文化・歴史
1983年11月23日生まれ 千葉県千葉市出身 中学生の時にボクシングのドキュメント番組に衝撃を受けてボクシングに出会う。 スポーツジムでボクシングを始め、その魅力に取り付かれて本格的に習志野高校でボクシングをスタート。 関東大会優勝、インターハイ3位。 アマチュアで日本一を目指して法政大学に入学。 その年の1年生でアマチュア日本一になる。その後オリンピックを目指すが挫折。 就職とプロの道を迷うが、世界チャンピオンを目指して .....
詳細を見る

古賀 稔彦 (こが としひこ)

柔道家

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
1967年(S42年)生、佐賀県出身 小1より柔道を始め、中1より東京にある講道学舎へ柔道入門する。 日本体育大学進学後"平成の三四郎"の異名をとり、87~92年全日本選抜体重別 選手権をはじめ、89年・91年の世界選手権を連覇。 92年のバルセロナ五輪では、大会直前の大ケガを背負いながらも金メダルを獲得、 両手を広げ雄たけびを上げ、日本中の感動を呼んだ。 その後`96年アトランタ五輪では銀メダルを獲得。00年4月に現役 .....
詳細を見る
Scroll Up