講演会セミナー講演依頼講師派遣・紹介、企画運営は実績37年のブレーンにお任せください

  1. ホーム

ブレーン講師紹介

ブレーンが自信を持ってご案内する講師陣です

金子 稚子 (かねこ わかこ)

終活ジャーナリスト ライフ・ターミナル・ネットワーク代表

金子 稚子

主な講演タイトル

  • 『い(生・逝)きかた』は、自分で決める〜私たちが行うACP〜
  • 「家で死ぬ、ということ〜家での看取りは怖くない〜」
  • アクティブ・エンディング〜大人の『終活』新作法〜
  • 40代から始めるアクティブ・エンディング〜40代からの実践的『終活』とは〜
  • 死ぬことと、生きることは同じ
  • 「死って、悲しいだけなの?〜悲しみを力に変える〜」
  • 人は死別が辛いだけではありません。〜死に関わる専門家に伝えたいこと〜

講師プロフィール

夫は、2012年10月に他界した流通ジャーナリストの金子哲雄。
病気の確定診断とともに死の宣告を受けた夫の闘病生活や死に寄り添う中で、死がタブー視されるがために起こっているさまざまな問題に気づく。夫と死別後は雑誌・書籍の編集者だった経験を生かして、医療から葬儀・供養、墓、さらには遺族ケアに至るまで、死の前後に関わるさまざまな事象や取り組み、産業を取材。多死社会を目前に控える今、起こるだろう問題について警鐘を鳴らし、情報発信や提言を行っている。
また、死別経験者として、当事者の話でありながら、単なる体験談にとどまらない人生の最終段階から臨終、さらに死後・死別後のことまでも分析的に捉えた冷静な語り口は、医療関係者、宗教関係者からも高い評価を得て、各学会や研修会にも講師として登壇。生命保険等の金融関係、葬儀関係、医療・福祉関係、医薬品などの各種団体・企業に向けてだけでなく、行政、一般向けにも研修や講演活動を行う。
さらに、人々の死の捉え直しに力を入れ、従来のものとは一線を画す“真の終活”、すなわちアクティブ・エンディングを提唱。多岐に渡るさまざまな情報提供とともに、私たち自身が自分で「いきかた」を決める必要性を訴えている。
厚生労働省「人生の最終段階における医療・ケアの普及・啓発の在り方に関する検討会」では、構成員として10年ぶりとなったガイドライン改定にも関わったほか、2018年からは一般社団法人 日本医療コーディネーター協会代表理事に就任。
現在も一貫して“死の前後”にこだわり、領域をまたいで、専門家や当事者への取材を重ねながら、誰もがいつかは必ず迎える「その時」のために、各メディアや講演活動、大学の市民講座などを利用した情報提供や心のサポート、市民活動への協力など、精力的に活動中。

著書・書籍情報

  • 『アクティブ・エンディング~大人の「終活」新作法~』(河出書房新社 2015年) 
  • 『死後のプロデュース』(PHP新書、2013年)
  • 『金子哲雄の妻の生き方~夫を看取った500日~』(小学館文庫、2014年)
Scroll Up