講演会セミナー講演依頼講師派遣・紹介、企画運営は実績37年のブレーンにお任せください

  1. ホーム

ブレーン講師紹介

ブレーンが自信を持ってご案内する講師陣です

手嶋 龍一 (てしま りゅういち)

外交ジャーナリスト 作家

手嶋 龍一

主な講演タイトル

  • インテリジェンスの本質とは
  • 空洞化する日米同盟
  • 東アジアの中の日本を考える
  • ゴルフに見るアメリカ大統領の素顔
  • メディアの森に棲むふくろうと狼
  • 真のインテリジェンス戦略とは何か~東アジア外交を考える~

講師プロフィール

元NHKワシントン支局長。ワシントン支局長時代には、米同時多発テロ事件に際し、
11日間連続の中継放送を担当した。

2005年にNHKを独立後は、外交・安全保障問題を素材にメディアや書籍に幅広い執筆活動を展開。
06年に発表したインテリジェンス小説『ウルトラ・ダラー』は、物語が現実の出来事を追いかけていると話題になり、
ベストセラーに。同書は07年に文庫化されるも、発刊2日後には増刷を記録、単行本に劣らぬ注目を集めた。

このほかにもやなど著書多数。

初期の作品『ニッポンFSXを撃て』『一九九一年 日本の敗北』は、日米同盟の変質を克明に描いたとして、
米国側からも注目を集め、1994年、ハーバード大学国際問題研究所にシニア・フェローとして招聘されている。
これら2冊は96年に『たそがれゆく日米同盟』『外交敗戦』のタイトルで文庫化され、単行本発刊から10年以上
経た今も現在にも通じるテーマを鋭く分析した作品として引き続き読者の関心を集め、増刷が続いている。

著作活動のほかに、07年4月に就任した慶應義塾大学教授に就任、後進の指導に取り組む。

Scroll Up