講演会セミナー講演依頼講師派遣・紹介、企画運営は実績40年のブレーンにお任せください

  1. ホーム
  2. スポーツ・オリンピック

ブレーン講師

「スポーツ・オリンピック」に関する講師一覧

80件中 61〜80件目を表示

和田 一浩 (わだ かずひろ)

プロ野球解説者

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
岐阜県出身。県立岐阜商業高校、東北福祉大学、神戸製鋼を経て、1996年ドラフト4位で西武ライオンズに入団。30歳でレギュラーに定着し、リーグ優勝、日本一に貢献したほか、2004年アテネ五輪、2006年第1回WBCでは日本代表として日の丸を背負ってプレーした。2008年からはFA移籍で中日ドラゴンズへ。2015年には史上最年長で2000本安打を達成し、名球会入りを果たした。現在は野球解説者として活動する傍ら、少年野球の指導、イベント出演、 .....
詳細を見る

勅使川原 郁恵 (てしがわら いくえ)

元ショートトラックスピードスケート日本代表

  • 健康・ライフスタイル
  • 健康・美容・食
  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
岐阜県出身。日本ショートトラックスピードスケート界の草分けのひとり。中学2年で全日本選手権に総合優勝し、高校1年から5連覇を達成。また、世界ショートトラックジュニア選手権においては日本人として唯一、総合優勝を果たす。3大会連続で五輪に出場し、個人・リレーで入賞するなど長く日本の中心選手として活躍した。引退後は、現役当時から目標としていたスポーツキャスターになるべくメディアに出演。ショートトラックの解説・リポーターをはじめ、さまざまなスポ .....
詳細を見る

荻原 健司 (おぎわら けんじ)

スキーノルディック複合金メダリスト

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
群馬県吾妻郡草津町出身。現在主流のV字ジャンプ技術を世界に先駆けて取り入れ、ジャンプで大差をつけ、クロスカントリーで逃げ切るスタイルを確立。オリンピックでは団体2連覇に貢献。ワールドカップでは、日本スキー界初の年間総合優勝に輝き、その後、3連覇の偉業を成し遂げる。後に荻原封じとささやかれるルール改正があったほど、無類の強さを誇った。引退後、参議院議員選挙全国比例代表区で当選。スポーツ政策を柱に精力的に活動し、1期務めた。その後、自身が在 .....
詳細を見る

岩崎 恭子 (いわさき きょうこ)

スイミングアドバイザー スポーツコメンテーター

  • 研修・人材育成
  • モチベーション
  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
静岡県沼津市出身。競技者として常に前を行く姉を追いかけ、大会に出場。バルセロナ五輪選考会を兼ねた日本選手権残り1枠を姉と争うこととなり、周囲の予想に反して出場権を獲得した。世界ランクは14位、メダル候補にも挙がらない無名の選手だったが、本番で驚異的な成長をみせ、当時のオリンピック記録を塗り替えるタイムで競泳史上最年少金メダリストに輝く。名言として残るインタビューも相まって、一躍時の人となった。過剰な注目に苦悩し、不調が続いたが、奮起して .....
詳細を見る

朝原 宣治 (あさはら のぶはる)

元陸上競技選手 北京オリンピック銀メダリスト

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
北京五輪4×100mRメダリスト 1972年生まれ 兵庫県立夢野台高校→同志社大学→大阪ガス株式会社 同志社大学3年生の国体100mで10秒19の日本記録樹立。大阪ガス株式会社に入社後、1996年初のアトランタオリンピックでは100m、走幅跳、4×100mRで出場。日本人選手として100m準決勝に28年ぶりに進出した。オリンピックには4回連続出場。世界選手権には6度出場し、100mの日本記録を3度更新した。自己最高記録は10秒02。 .....
詳細を見る

立石 諒 (たていし りょう)

元競泳日本代表選手ロンドン五輪銅メダリスト RT-japan社長

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
1989年6月12日生まれ神奈川県藤沢市出身 所属チーム:ミキハウス 182cm 70Kg S29cm 湘南工科大付属高校を経て、2013年慶応義塾大学環境情報学部卒業 4歳より祖父の勧めにより平泳ぎを始める。2010年日本選手権にて平泳ぎ三冠を達成し注目を集める。2012年ロンドン五輪競泳日本代表として出場。200m平泳ぎ決勝では、北島康介選手を0.06秒でかわして、銅メダルに輝いた。ロンドン五輪後、一時は引退も考え .....
詳細を見る

沢松 奈生子 (さわまつ なおこ)

元プロテニスプレーヤー

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
  • 国際化・グローバル
兵庫県出身。神戸松蔭女子学院大学卒。 小学生時代は親の海外転勤に伴い、ドイツで過ごし、現地のスポーツクラブで色々なスポーツを体験。帰国後、日本国内のテニスのジュニアタイトルを多数獲得、夙川学院高ではインターハイ優勝(個人・団体)、神戸松蔭女子学院大入学と同時にプロ転向。1988年(高校1年生)15歳6ヶ月で全日本テニス選手権の女子シングルスに優勝(初出場)。四大大会の日本人最年少勝利記録など、数々の記録も保持。1995年の全豪オープン .....
詳細を見る

石黒 由美子 (いしぐろ ゆみこ)

アーティスティックスイミング元日本代表(旧:シンクロナイズドスイミング)

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
【略歴】 1983年10月生まれ。愛知県出身。小学2年生の秋、交通事故に遭遇し、顔面を540針、口の中を260針縫う大けがを負った。治療中にテレビで見たシンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング)に憧れ、翌年から競技を始める。記憶喪失や顔面まひ、視力障害、難聴などの様々な後遺症に苦しみながらも、母と二人で夢の舞台であるオリンピックを目指し、2008年北京オリンピックに見事出場を果たした。 厳しい練習の傍ら愛知教育大 .....
詳細を見る

笹谷 秀光 (ささや ひでみつ)

CSR/SDGsコンサルタント 社会情報大学院大学 客員教授

  • 経営
  • 経営戦略
  • 経営哲学
  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
東京大学法学部卒業。1977年農林省(現農林水産)入省。フランス留学、外務省出向(在米国日本大使館一等書記官)。環境省大臣官房審議官、農林水産省大臣官房審議官、関東森林管理局長を経て、2008年退官。同年伊藤園入社、取締役などを経て2019年4月退職。2019年4月より社会情報大学院大学客員教授。 ・日本経営倫理学会理事、グローバルビジネス学会理事、特定非営利活動法人サステナビリティ日本フォーラム理事(以上2014年より) ・学校法 .....
詳細を見る

安達 阿記子 (あだち あきこ)

リーフラス株式会社 所属講師 ゴールボール女子日本代表選手パラリンピック金メダリスト

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
1983年9月10日生まれ、福岡県出身。 14歳のときに病気のため右目が視覚障害になる。その後20歳のときに左目も視覚障害に。2006年に国立福岡視力障害センターへ入所した際、ゴールボール競技と出会う。その翌年にはブラジルでの世界選手権、2008年には北京パラリンピックに出場。 その後も海外遠征で試合を重ね、2012年ロンドンパラリンピックの日本代表選手として選出され、本大会で悲願の金メダルを獲得。パラリンピックの団体競技における日 .....
詳細を見る

大林 素子 (おおばやし もとこ)

元女子バレー全日本エースアタッカー スポーツキャスター 神戸親和女子大学客員教授

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
中学1年からバレーボールを始め、中学3年の時に東京都中学選抜に選出される。その後、高校バレーボール界の名門八王子実践高校に進む。86年日立入社、88年ソウル五輪、92年バルセロナ五輪に出場する。95年にイタリアセリエA・アンコーナに所属、日本人初のプロ選手となる。帰国後、東洋紡オーキスに所属、96年アトランタ五輪出場後、97年に引退。 現在、スポーツキャスター、女優としても活躍中。 日本スポーツマスターズ委員会シンボルメンバー、 .....
詳細を見る

三浦 豪太 (みうら ごうた)

プロスキーヤー 博士(医学)Ph.D

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
1969年 神奈川県鎌倉生まれ。三浦ファミリーとしてアフリカ、キリマンジャロを最年少(11歳)登頂、またエルブルース(ロシア)、モンテローザ(スイス)などの海外遠征に同行する。 ‘91年よりフリースタイルスキー、モーグル競技へ転向、以来10年にわたり全日本タイトル獲得や国際大会で活躍。主な戦績として長野オリンピック13位、ワールドカップ5位入賞など日本モーグル界の牽引的存在となる。2001年 5 月、米国ユタ大学スポーツ生理学部卒業後 .....
詳細を見る

今泉 清 (いまいずみ きよし)

元ラグビー選手 アスリート育成コンサルタント

  • 研修・人材育成
  • コーチング
  • 組織活性化・チームビルディング
  • モチベーション
  • コミュニケーション
  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
6歳でラグビーを始める。早稲田大学時代は在学4年間で関東大学対抗戦優勝2回、大学選手権優勝2回、日本選手権優勝1回。誰にも予測できないビッグプレーで話題を呼び、日本のラグビー界の人気と発展に大きく貢献した。卒業後はニュージーランド留学を経てサントリーに入社して活躍し、日本代表、10人制日本代表、7人制日本代表にも選ばれている。現役引退後は母校・早稲田大学ラグビー部のコーチと、サントリーフーズプレイングコーチに同時就任するなど、元日本代表 .....
詳細を見る

杉山 愛 (すぎやま あい)

元プロテニスプレイヤー スポーツコメンテーター

  • 研修・人材育成
  • モチベーション
  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
神奈川県出身。4歳でラケットを握り、15歳で日本人初の世界ジュニアランキング1位に輝く。17歳でプロに転向し、34歳まで17年間のプロツアーを転戦。グランドスラムでは女子ダブルスで3度の優勝(2000年全米オープン、2003年全仏オープン、2003年ウィンブルドン)と混合ダブルスでも優勝(1999年全米オープン)を経験し、グランドスラムのシングルス連続出場62回の女子歴代一位の記録を樹立。 オリンピックには4回連続(アトランタ、シドニ .....
詳細を見る

清水 宏保 (しみず ひろやす)

元スピードスケート選手 スポーツキャスター 長野五輪金メダリスト

  • 健康・ライフスタイル
  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
3歳からスケートを始める。91年 浅間選抜500メートルで日本高校新記録を出し、全日本スプリントで総合4位に入り脚光を集める。93年18歳でW-cupに初出場初優勝という快挙を成し遂げ 世界のトップスケーターとして注目を受けた。以来長年に渡り、世界のスピードスケート短距離界の第一人者として活躍。幼少の頃に気管支喘息を患うが、喘息と向き合いながらトップアスリートとして活躍する。五輪オリンピックに出場し、金メダル獲得まで果たした。長野オリン .....
詳細を見る

白井 一幸 (しらい かずゆき)

プロ野球解説者

  • 研修・人材育成
  • モチベーション
  • 組織活性化・チームビルディング
  • コーチング
  • コミュニケーション
  • 管理職・リーダーシップ
  • 意識改革・社内活性化
  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
1961年 香川県さぬき市生まれ。駒澤大学卒業。 1983年 ドラフト1位で日本ハムF’s入団。 1991年 自身最高の打率。.311でリーグ3位、最高出塁率とカムバック賞を受賞。日本ハムF’sの球団職員となり、ニューヨーク・ヤンキースへコーチ留学。 1997年 この頃、トレイ・ヒルマンと知り合う。2軍総合コーチ、2001年二軍監督を経て、2003年からヘッドコーチ就任。 2000年 在任中は .....
詳細を見る

山口 香 (やまぐち かおり)

筑波大学体育系教授 ソウル五輪女子柔道銅メダリスト(講道館女子7段)

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
1964年東京都豊島区生まれ。小学校1年生から柔道を始め、4年生のときから男の子に混じって試合に出場。1978年、第1回全日本女子体重別選手権大会(50㎏級)に最年少(当時13歳)で優勝。以後、同大会10連覇(第3回以降は52㎏級)。世界選手権では、4個の銀メダルを獲得のほか、昭和59年第3回大会で、日本女子として初の金メダルを獲得。ソウルオリンピック(1988)では銅メダルを獲得。翌年に現役を引退。 引退後は、筑波大学女子柔道部監督 .....
詳細を見る

小谷 実可子 (こたに みかこ)

スポーツコメンテーター

  • 環境・社会問題・医療・福祉
  • 環境問題
  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
1966年(S41年)8月生、東京都出身 小学4年生からシンクロナイズド・スイミングの年齢別大会で優勝。高校1年でアメリカへ留学。 ’88年ソウルオリンピックでは、ソロ及びデュエットで銅メダルを獲得。また、夏のオリンピックでは 初の日本選手団の旗手をつとめる。 ’92年に引退後は、日本オリンピック委員会を務めるなど、スポーツの発展に貢献。 また’93年より神奈川県大磯でアーティスティックシンクロの指導などを行う。 現役生 .....
詳細を見る

荻原 次晴 (おぎわら つぎはる)

元ノルディック複合日本代表 スポーツキャスター

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
幼少の頃から双子の兄:健司とスキーを始め、2人で切磋琢磨しノルディック複合で日本を代表する選手となる。1994年からワールドカップに参戦。1998年長野オリンピックでは、個人6位、団体5位と入賞を果たす。オリンピック終了後、引退表明。ウィンタースポーツ普及の為にメディアや講演などの活動を行う。
詳細を見る

谷川 真理 (たにかわ まり)

マラソンランナー

  • スポーツ・文化・歴史
  • スポーツ・オリンピック
  • その他スポーツ・文化・教養
1991年東京国際女子マラソンで初優勝を果たし、トップランナーの仲間入りを果たす。現在も「1億2000万人総ランナー」の夢を持って数々の大会に出場。また、ランナーとしてだけでなくタレント、スポーツキャスターとしても活躍中。講演会活動も行う。
詳細を見る