講演会セミナー講演依頼講師派遣・紹介、企画運営は実績40年のブレーンにお任せください

  1. ホーム

ブレーン講師紹介

ブレーンが自信を持ってご案内する講師陣です

瀬古 利彦 (せこ としひこ)

DeNAアスレティックスエリート アドバイザー

講師プロフィール

1956年7月15日、三重県桑名市生まれ。名実ともに日本長距離界、マラソンブームを牽引してきた第一人者。高校時代から本格的に陸上を始め、インターハイでは800m・1500mで二年連続二冠を達成。早稲田大学へ進み、故中村清監督の下、ランナーとしての才能を開花。箱根駅伝では4年連続で「花の2区」を走り、3、4年次では区間新(当時)を獲得するなど、スーパーエースとして活躍した。トラック競技においても日本記録を総ナメにし、25,000mと30,000mでは世界記録を樹立(当時)。トラック・駅伝のみならず大学時代からマラソンで活躍し、現役時代は国内外のマラソンで戦績15戦10勝。圧倒的な強さを誇る。ロスアンゼルス、ソウル五輪マラソン日本代表。鋭いラストスパートでライバルを引き離し、鮮やかにゴールする姿は日本国内だけではなく海外からも絶賛され、多くのファンがその走りに魅了された。現役引退後は指導者の道に進み、オリンピック選手を3名輩出するなど後進の育成に注力した。2013年4月より、横浜DeNAランニングクラブ の総監督。現在は「横浜DeNAランニングクラブ エグゼクティブアドバイザー」として活動中。

<その他肩書>
・(公財)日本陸上競技連盟 理事(2011年より)
・(公財)日本陸上競技連盟 強化委員会・マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(2016年より)
・(一財)東京マラソン財団 理事(2017年より)

著書・書籍情報


  • 『我が道』(スポーツニッポン新聞社)2018
  • 瀬古利彦が語る「日本マラソン復活への道」(文藝春秋)2017
  • 『瀬古利彦のすべてのランナーに伝えたいこと』(KADOKAWA)2015
  • 『すべてのマラソンランナーに伝えたいこと』(実業之日本社)2012
  • 『瀬古利彦 マラソンの真髄―世界をつかんだ男の“走りの哲学”』(ベースボールマガジン社)2006
  • 『永遠のランナー 瀬古利彦(共著)』(世界文化社)1989
Scroll Up